婦人

税金について知っておこう!不安な不動産売却は下調べが肝心

管理をするメリット

室内

分譲時の管理会社がベストとは限らない

分譲マンションをこれから購入しようとする人に注意していただきたいことがあります。それは、「マンションは管理を買え」ということです。分譲マンションを買うということは、他の区分所有者とともに一つのコミュニティを形成することになるわけです。そこで、区分所有者は分譲マンションを購入すると同時に、自動的に管理組合の一員となり、その管理組合がマンション管理会社に対してマンション管理を委託するのが通常です。新築マンションの場合には、分譲を行ったマンションデベロッパーの関連会社がマンション管理を行うことがほとんどですが、マンション管理会社は区分所有者の総会の決議により変更することが可能となります。必ずしも分譲時点での管理会社がベストとは限らないからです。

現場の管理人さんの対応も大変重要

分譲時点のマンション管理会社がそのままずっと管理を請け負っているケースが大変多いのですが、本当にそれでいいのでしょうか。物件ごとに管理会社の営業マンが管理組合の窓口となって、対応するわけですが、その営業マンの対応も千差万別です。大変残念なことですが、仕事熱心とはお世辞にも言えない担当者がいることも事実です。したがって、管理会社が大手といっても安心することはできないのです。少しでもおかしいことがあれば、総会においてマンションの管理会社変更を申し出ることも大切なことであり、現在管理を請負っている管理会社に危機意識を持たせることも、時に大切です。また、日常の清掃等を行う現地の管理人さんは、営業マン以上に管理会社の「顔」となりますので、彼らに対する普段からの教育が大変重要なのは言うまでもありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加